ご無沙汰しています。

昨年の5月に更新して以来、放置してます。。。

メンバーの方々の動向はちょくちょく拝見させて

いただいてますが、こちらは 釣に行けず。。。

釣に行けなかった理由

昨年4月ぐらいから、体に湿疹ができ病院へ

「あせも」とのこと。

処方された薬を塗りますが、一向に回復しません。

それどころか、どんどん酷くなり、薬を飲まないと

夜も眠れない生活に突入。

鹿児島に帰省した時に 近所にある 有名な病院へ

半日 待たされ 受診。

先生曰く 「あせもじゃないですよ」

まずは血液検査。

香川の病院では 血液検査は行わず。

結果

食べ物やダニなどの害虫の影響は出てないけど、TARCという

値が基準値 450未満に対して 1286。。。


先生曰く アトピーとのこと。。。。

先生の話では原因は「免疫力の低下」らしいです。

皮膚を刺激する紫外線、汗などはご法度ととことで

浜から遠ざかってました。

薬はやめて、ストレスをためないよう、食事の改善など

行った結果、まだ かゆみは残ってますが、だいぶん

改善されました。


この調子なら今年は浜に行けそうです。

早速 本日から仕掛け作り。

しかし、水温は9度くらい   

ポイントを偵察してきましたが、藻が多い。。。

瀬戸内海は穏やかなせいか、本当藻が多い。。。

ということで ちょっと 様子見です。

水温が上がるのを 待つとします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

それはいかん!

「免疫力の低下」とな

ストレスと食事の乱れが関係しているのでは・・・・

免疫力をあげるには「体温を上げる工夫をする」もしくは「下げない工夫をする」こと

ちなみに体温を測ってみてください。

人間の体は36.5度から37度の体温が必要です。

36度でもダメ
ましてや35度前後はブブ~

危険信号ですよ。

ステロイド系の西洋薬剤はいくら医者が処方しても使わないほうがいいですよ。

西洋医学は対処療法ですから一時的には良くなっても根本的な治療にはならないです。

漢方に詳しい西洋医学の医者を見つけて漢方を処方してもらってください。